相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

父親から相続した不動産の売却の賛否で兄弟の意見が異なる場合、どうしたら良いですか。

A1)共有状態を解消するための共有物分割請求を行えば、共有状態を解消することができます。


Q1) 父親から相続した不動産を所有していますが、長男・次男・三男の3人の共有となっています。三男は不動産を売却し、代金を分配してもらいたいと考えているのですが、長男・次男が売却に反対している場合、どうすれば良いでしょうか。

A1) 不動産を共有している場合、共有物分割請求という共有状態を解消するための請求を行うことで、共有状態を解消することができます。

共有物分割請求をする場合、共有者間の話し合いで始まることが多いですが、話し合いがうまくいかないとき、簡易裁判所に民事調停の申し立て、弁護士会などのADR(裁判外紛争解決手続)を利用して解決することができます。

ただし、これらの手続は強制力がないので、これらの手続を利用してもうまくいく見込みがない時は、民事訴訟つまり共有物分割請求訴訟を地方裁判所に提起する方法があります。

共有物分割訴訟の判決では、現物分割、価格賠償、代金分割という分割方法が裁判所の裁量によって選択されます。
現物分割とは、土地を測量して分筆など、共有物そのものを物理的に分割する方法です。

但し狭小土地や建物等では、現物分割が困難であることが多いです。現物分割が難しい場合には、共有物を共有者の一人が単独で取得し、他の共有者に対して共有持分に応じた金銭を支払う方法により共有物を分割する価格賠償の方法があります。さらに不動産を競売して競売代金を共有持分に応じて分配する代金分割という判決もあります。

競売を命じる判決が出る可能性がある場合には、競売を避けたい他の共有者が他の持分を買い取る申し出をすることがあり、不動産の共同売却に応じやすくなります。そのような意味では、共有物分割請求の訴訟をすることで、共有不動産の売却が容易になるケースが少なくありません。


共有物分割請求 よくある質問

Q1)父親から相続した不動産の売却賛否で兄弟の意見が異なる場合、どうしたら良いですか。


Q2)共有登記された不動産に対し、相当額を支払い、単独取得することはできますか。


Q3)遺留分減殺請求後、不動産の共有状態を解消するには、どうしたら良いですか。


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.