相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 共同相続について

共同相続について

共同相続とは


2人以上の相続人が共同で相続することをいいます。遺産の分け方について書かれた遺言書がなければ,各相続人は相続財産について各自の法定相続分の割合に従って権利を取得し,例えば不動産は各相続人の法定相続分に応じた共有状態となります。

このように,遺言書がなければ,被相続人が亡くなって相続が発生した段階では,具体的に誰が何をどれだけ取得するかということは決まっていないため,共同相続人全員で遺産分割協議をして,遺産の最終的な分け方について合意をする必要があります。しかし,相続をめぐる紛争で最も多いのがこの遺産分割協議がうまくいかないケースであり,各相続人全員に弁護士が付くこともあります。

特別受益や寄与分の問題


遺産分割協議の中で特に争いになりやすいのが,特別受益や寄与分の問題です。特別受益や寄与分をめぐる紛争が顕在化している場合,各相続人が感情的になっていることが多いため,相続人同士ではなく,弁護士に間に入ってもらうのが適切だといえます。そして,弁護士に特別受益や寄与分について主張内容と証拠を整理してもらい,遺産分割調停などになった場合は弁護士に代理人を依頼すべきです。
なお,遺産の分け方が遺言書に書かれていれば遺産分割協議は不要であり,紛争をある程度予防できます。しかし,遺言書で全く触れられていない遺産がある場合,その遺産の分け方については遺産分割協議が必要になってしまいます。また,遺言書の内容が不明確で,誰が何を取得できるのかが明らかではない場合も,相続人間の紛争を招きかねません。そのため,紛争予防のために遺言書を作成する場合も,遺産分割協議の中で現実に紛争が発生してしまった場合も,弁護士に相談,依頼するのが良いといえます。

預金債権

なお,銀行に対する預金債権は特殊であり,遺産分割協議を経ることなく各相続人の法定相続分に応じて分割され,各自に承継されます。そのため,各相続人は,相続が開始した段階で,自分の法定相続分に応じて被相続人の預金の払戻しを銀行に請求できるのですが,銀行は相続トラブルに巻き込まれるのを嫌い,これに応じていないのが実情です。そこで,銀行に対して法定相続分に応じた預金の払戻請求をする場合は,弁護士に依頼するのが確実です。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.