相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 死亡直前に入籍した妻の相続分について

死亡直前に入籍した妻の相続分について

被相続人の妻は「配偶者」として相続権を有しています。そして,婚姻は婚姻届の提出によって効力が発生し,相続は被相続人の死亡により開始されます。そのため,ある男女が婚姻届を提出して婚姻の効力が生じ,その直後に男性が死亡した場合,女性は亡くなった男性の妻(配偶者)として,男性の財産を相続することになります。配偶者の法定相続分は,①被相続人に子がいれば2分の1,②子がいなくて直系尊属がいる場合は3分の2,③子も直系尊属もいなくて兄弟姉妹がいる場合は4分の3であり,この相続分は婚姻期間の長短とは全く無関係です。そのため,被相続人と長い間生活を共にしてきた親の法定相続分が少なく,他方,被相続人との共同生活の期間がほとんどなかった配偶者の法定相続分が多くなるといったケースも考えられ,相続問題をめぐって感情的になってしまうこともあるので,このような場合はアンカー弁護士に相談すると良いでしょう。また,婚姻後,子もできないまますぐにその一方の配偶者が死亡した場合には,残った配偶者とその他の相続人(被相続人の親や兄弟姉妹)との関係が希薄であることも多く,相続をめぐる紛争が生じやすいといえるので,弁護士に相談すべきケースは多くなるでしょう。

上記の例とは異なりますが,被相続人が一度離婚し,再婚した後に死亡した場合も,被相続人の後妻とその他の法定相続人(被相続人と前妻の間の子など)との関係は希薄であることが多いので,このような相続問題については弁護士に相談すべきといえます。

なお,判例は,婚姻の効力について,「当事者間に真に社会観念上夫婦であると認められる関係の設定を欲する効果意思を有しない場合」は,婚姻意思がなく,婚姻は無効になるとしています。そのため,例えば,ある女性が財産目当てで余命の長くない独身男性と婚姻し,夫婦らしい生活を全く営まないまま男性が死亡して相続が開始した場合,男性の他の相続人が婚姻無効を主張して女性の相続権を否定することができると考えられます。ただし,婚姻意思がないことを証明することは難しいため,弁護士に依頼した方が良いでしょう。

一言に相続といっても,上記のように婚姻の問題が含まれるケースもあるので,親族法・相続法に強い弁護士に相談し,適切な対策を採るべきです。場合によっては婚姻無効確認訴訟などの特殊な訴訟を提起する必要もあり,そのような場合は専門家である弁護士を代理に立てるべきといえます。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.