相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • ペットに財産を残す方法

ペットに財産を残す方法

動物は法人格を持たず,所有権などの権利の主体になることはできないため,厳密に言えばペットに財産そのものを相続させることはできません。

もっとも,自分に万が一のことがあったときにペットのために財産を残したいという場合,「負担付遺贈」または「負担付死因贈与契約」という方法があります。これは,自分が亡くなった後に,自分に代わってペットの世話をしてくれる個人または法人に財産の一部を遺贈したり,贈与したりするというものです。負担付遺贈・負担付死因贈与契約ができる相手方は親族や同族会社に限られません。ペットの世話について信頼できる友人や,NPO法人,民間のペットホームなどと事前に交渉をして,負担付遺贈・負担付死因贈与契約によって親族以外の人や団体にペットの世話を託すこともできます。

これ以外に「信託」という方法もあります。ペットの世話を信託業務として信頼できる個人または法人と事前に信託契約を結んで、財産の一部を信託し,約定の信託報酬を支払ってアンカー個人または法人にペットの世話を託すのです。

負担付遺贈・負担付死因贈与契約・信託のいずれの方法をとるかは弁護士と相談して決めると良いでしょう。

ペットの将来を託せる個人または法人が決まったら,負担付遺贈を含んだ遺言書,または負担付死因贈与契約書を作る必要があります。負担付遺贈や負担付死因贈与の内容が不明確だと,ペットの世話をしてもらえなかったり,遺贈される対象財産が何かという点をめぐって他の相続人とトラブルになったりする可能性があるので,遺言書や契約書を作成する場合は、弁護士に相談すべきです。

負担付遺贈または負担付死因贈与または信託によっても,ペットの世話を託された者が財産だけ相続してペットの世話をしないという可能性はあります。心配な場合は,弁護士などを遺言執行者・死因贈与執行者などに指定して,ペットの世話がしっかり行われているかをチェックしてもらうこともできます。遺言執行者・死因贈与執行者に指定された弁護士等は,ペットの世話を託された者が義務を果たしていないと判断した場合,裁判所に負担付遺贈または負担付死因贈与の撤回を宣告してもらい,執行者が指定した別の「ペットの世話をするべき者」に相続財産を引き継がせてペットの世話をしてもらうことができるのです。

以上のように,自分の死後にペットの世話を他者に託すためには専門的な法律の制度を活用する必要があり,事前に相続分野に精通した弁護士に相談すると良いでしょう。また,相続分野に精通した弁護士を遺言執行者や死因贈与し後者に指定することで,死後の不安を解消することも可能です。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.