相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 代襲相続について

代襲相続について

代襲相続とは,相続人となる予定であった被相続人の「子」または「兄弟姉妹」が相続開始時に死亡・相続欠格・相続廃除を原因として相続権を失っていた場合に,本来相続人となる予定だった者に代わって「直系卑属である子」が相続分を承継する制度です。この時,相続人となる予定だった者を「被代襲者」,被代襲者の直系卑属の子を「代襲者」と呼びます。代襲相続が発生して相続人が増えると,利害関係が複雑になって紛争が起きることが多いので,そのような場合には弁護士に相談するのが良いといえます。

代襲相続が開始される要件として,①代襲原因があること,②被代襲者が被相続人の直系卑属または兄弟姉妹であること,③代襲者が被相続人の相続開始時に生存していること,④代襲者が被相続人の直系卑属または傍系卑属であること,⑤代襲者に相続欠格事由が無いこと,が挙げられます。

代襲原因は,被代襲者がどんな理由で相続権を失ったのかが問題になり,死亡,相続欠格または廃除による相続権喪失が該当し,これらの事由によって相続人が相続権を失った場合に代襲相続が開始されることになります。なお,相続放棄による相続権の喪失は代襲原因とはなりません。例えば、被相続人の子が相続放棄したときに、被相続人の孫(相続放棄した人の子)が相続人にはなりません。注意してください。代襲相続が発生するかどうか分からない場合には,弁護士に相談をしましょう。

代襲相続は,被代襲者が相続開始時に既に死亡しているケースが最も一般的です。例えば,被相続人Aが死亡した時にその子どもであるBがそれ以前に死亡している,又は,不慮の事故などで被相続人Aと子どもBが同時に死亡した場合には,Bの子どもC(被相続人Aから見た孫)が代襲相続により被相続人Aの財産を相続します。なお,被相続人Aが子どもBよりも先に死亡し,その後にBが死亡した場合,A死亡時にBはAの財産を相続し,B死亡時にCはBの財産を相続することになりますが,これは代襲相続ではありません。

代襲原因のある相続の対策については弁護士に相談するのが良いといえます。代襲原因がある場合,相続権を持つ者が多くなりやすく,戸籍謄本等を取り寄せるだけでも非常に面倒な作業になることが多いですが,弁護士に相続人調査を依頼すれば,戸籍謄本等の取得も弁護士が代わりに行なってくれます。また,代襲相続では,伯父・叔父・伯母・叔母と甥・姪など,場合によってはあまり親しくない親族が相続人同士となることがありますが,相続問題に精通した弁護士ならアンカー,このような相続人同士の相続問題についてのノウハウも豊富に持っています。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.