相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 孫に遺産を残したい場合

孫に遺産を残したい場合

孫に財産を相続させる方法の一つとして,孫と養子縁組をして孫を養子に迎えるという方法があります。養子も「子」であり,被相続人の子は相続人となるので,養子縁組をした孫は養子という立場で被相続人の財産を相続することができるのです。養子縁組をするにあたっては,自身に配偶者がいる場合や養子にしようとする者が未成年者である場合などには一定の条件を満たす必要があります。自分が孫を養子にする場合にどのような条件を満たす必要があるのかという点については,事前に弁護士に相談すると良いでしょう。

 孫に財産を相続させるために,孫に遺産を相続させるという内容の遺言書を作成するという方法もあります。孫を養子とした上で孫(養子)に相当額の財産を相続させる遺言書を作成する場合が一般的なようです。このような方法は、相続税の節税方法として利用されます。

 また孫に財産を生前贈与する方法もあります。孫への生前贈与については、一定の要件のもと、1人につき教育資金として1500万円まで贈与しても贈与税がかからないという制度があります。また相続時精算課税制度を利用して孫に生前贈与すると2500万円まで贈与税がかかりません。

 さらに孫を死亡受取人として、生命保険契約の契約者兼被保険者になり、保険料を負担するという方法もあります。孫を養子にすれば、生命保険の非課税枠を利用できますので、相続税を節税できます。アンカー

孫に遺産を相続させる方法はいくつかありますが,相続対策に詳しい弁護士は専門的なノウハウを有しています。自分自身のケースで孫に財産を残す場合,どのような方法が最も適切かという点も含めて,相続対策に詳しい弁護士の助言を受けるのが良いでしょう。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.