相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 遺言書が有効になる場合

遺言書が有効になる場合

遺言書には,大きく分けると遺言者が自書で作成する自筆証書遺言と,公証人が遺言者の面前で遺言意思を確認して作成する公正証書遺言があります。

 

 自筆証書遺言の場合,遺言者が全文,日付及び氏名を自書し,押印するという方式を踏まなければ有効となりません。自筆証書遺言を作成する場合には,方式違背によって無効にならないように,弁護士の助言を受けながら作成すると良いでしょう。

 

他方,公正証書遺言の場合には,証人2人以上の立会いや遺言者による遺言の趣旨の口授など,民法に定められた所定の方式を踏まなければ有効となりません。なお,遺言書を作る場合は公正証書遺言の方が確実性は高いですが,その場合でも,弁護士に相談して遺言内容を決めるべきです。

 

 また,自筆証書遺言・公正証書遺言は,方式に従って作成されていても,作成当時の遺言者が遺言能力を持っていなかった場合には無効になります。

 

 裁判所は様々な事情を考慮して遺言能力があったかどうかを判断しますが,遺言者の認知能力・判断能力の程度は大きな考慮要素となります。遺言書による相続を考えている場合は,弁護士に相談しながら,遺言者の認知能力・判断能力に問題がないかを慎重に検討する必要があります。また,遺言書の内容そのものも考慮要素の一つです。例えば,遺言書の内容が単純であればあるほど遺言者はその内容を理解しやすいといえ,遺言能力があるといいやすくなりますし,遺言者が生前特にお世話になっていた相続人に多くの財産を相続させるという内容の遺言であれば遺言者の意思を反映した自然なものといえるので,遺言能力があるという判断に傾きます。遺言内容を考える際は,弁護士の助言を受けながら,単純で自然な内容の遺言にすることが望ましいでしょう。

 

 遺言書によって特定の相続人に多くの財産を相続させたいと考えている場合は,後になって他の相続人から遺言が無効であるという主張をされないように,事前に弁護士に相談して,遺言者の認知能力・判断能力や遺言内容に注意しながら遺言書を作成すべきであり,遺言書の種類はより確実な公正証書遺言にするべきでしょう。

 

 また,既に相続が発生して遺言者の遺言能力の有無が争いになっている場合は,遺言能力があることを示す説得力のある主張やそれを裏付ける適切な証拠の収集をするためにも,遺言の有効性に精通した弁護士に代理を依頼すべきといえるでしょう。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.