相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 相続相談は誰にすべきか

相続相談は誰にすべきか

相続手続に関わる専門家は,弁護士のほか,司法書士,税理士等がいます。

 

しかしながら,税理士は税務の専門家であって相続法務のスペシャリストではありませんし,司法書士は140万円を超える紛争案件を扱うことができません。したがって,多くの場合,遺産分割に関し相続人同士で争いが生じてしまった後は,弁護士でなければ相続人を代理して話し合いをしたり,裁判所を通した手続を行うことはできません(弁護士法72条)。

 

相続人間の話し合いで解決することが困難な場合や,できれば代理人を通して話し合いをしたい場合には,はじめから弁護士に依頼することをお勧めします。

 

弁護士に依頼をすると,すぐに裁判になってしまうようなイメージを持たれる方もいらっしゃいます。けれども弁護士法人リーガル東京の弁護士なら、円満な話し合いを望んでいらっしゃるのか,それとも法律にのっとってきちんと遺産を分割したいのか等ご要望をおっしゃっていただければ,弁護士として依頼者のご希望に沿う形での解決を目指します。

 

また,相続税の支払いが必要な相続案件ですと,遺産分割協議が終わらないうちに相続税申告期限である死亡後10か月が経過してしまうことがあります。弁護士法人リーガル東京であれば,税理士法人リーガル東京を併設していますので、遺産分割協議を進めながら相続税申告期限内に相続税を支払い,遺産分割協議終了後,修正申告等をして対応をすることが可能です。

 

弁護士法人リーガル東京には,相続税及び資産税に詳しい弁護士・税理士がおりますので,遺産分割の手続と相続税申告手続を一括して並行して進められる上、費用割引制度もあり、便利です。

 

また,将来の相続に備えて,遺言書を作成する場合にも,弁護士に相談をすることをお勧めします。いざ相続が発生したあと,遺言書の不備が見つかったり,遺言書は有効だけれども,遺留分等を巡って相続人間で争いが生じてしまうことがあります。このような場合になってはじめて弁護士に相談してもすでに手遅れになってしまうことも多くあります。あらかじめ弁護士に相談をしておくことで,後日の紛争予防のためのアドバイスを受けることができるのです。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.