相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 胎児の相続について

胎児の相続について

1.胎児の相続権

民法3条1項は「私権の享有は、出生に始まる。」と規定しており、胎児はまだ出生しておらず、権利能力が認められないのが原則です。しかしながら、民法886条1項は「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」としており、胎児にも相続権があることとされています。つまり、本来であれば人としての権利が発生するのは出生してからであるが、相続については例外的に胎児であっても権利があるということです。

 

 

2.遺産分割

相続開始時点において相続権を有する胎児がいる場合には、遺産分割は胎児が生まれるまで延期した方が無難です。なぜなら、民法886条2項は「(民法886条1項は、)胎児が死体で生まれたときは適用しない。」と規定しており、胎児が母親の胎内で既に死亡している状態で生まれた場合には、相続権が認められないからです。判例・通説は、胎児が生きて生まれることを停止条件としつつ権利能力を胎児の時点に遡って認める停止条件説を採用しています。なお、生まれた直後に死亡した場合には、胎児は相続人となり、被相続人の財産を相続した後、その死亡した胎児を被相続人とする相続が開始されます。

 

胎児が生まれ、遺産分割協議をする場合、(未成年なので)代理人を付ける必要があります。通常、未成年者の子の代理人は親が務めることになりますが、親と子の利益が相反する場合には、親は子の代理人になることができません。そのため、遺産分割協議をするために、家庭裁判所で子のための特別代理人を選任してもらう必要がある場合がでてきます。弁護士が特別代理人になることもあります。弁護士のなかでも、特に相続問題に詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。

 

 

3.相続税法上の取り扱い 

「胎児が生まれる前における共同相続人の相続分」については、「相続税の申告書提出の時においてまだその胎児が生まれていないときは、その胎児がいないものとした場合における各相続人の相続分によって課税価格を計算することに取り扱うものとする」と定められています(相基通11の2‐3)。そして、相続税の申告書を提出した後に胎児が生まれた場合には、修正申告又は更正の請求を行って是正します。

 

 

4.胎児名義での相続登記

胎児名義で相続登記をすることは不可能ではないようですが、戸籍が無いなど通常の相続登記とは違ってきますので、弁護士等に相談することをおすすめいたします。もっとも通常は胎児の出生を待って相続登記をするのが現実的な解決でしょう。

 

5.妻の離婚後に出生した子については、元夫との父子関係が問題とされるケースもあり、元夫が亡くなった時の胎児の相続権に影響します。弁護士法人リーガル東京では、父子関係の存在を争うケースの相談にも応じています。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.