相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 相続登記にあたっての必要書類

相続登記にあたっての必要書類

相続登記には「遺産分割協議による場合」「法定相続分による場合」「遺言により法定相続人に相続させる場合」「遺言により法定相続人以外に承継させる場合」の全部で4種類があります。今回は、「遺産分割協議による場合」と「遺言により法定相続人に相続させる場合」の必要書類について紹介します。

 

1)遺産分割による場合

①被相続人の戸籍謄本等(出生時から死亡時までのすべて)

相続人を確定するために必要です。被相続人が転籍や婚姻などをしている場合、        

転籍前や婚姻前の本籍地所在地の市区町村で、除籍謄本や改製原戸籍を取得しなければなりません。一般の方でも取得できますが、手続はかなり煩雑になりますので、弁護士等に依頼されることをおすすめします。

 

②被相続人の住民票の除票(本籍の記載があるもの)、又は、戸籍の附票

被相続人の住所・氏名と戸籍謄本のつながりを証明するために必要です。被相続人が住民票をおいていた市区町村役所で取得します。有効期限はありません。

 

③法定相続人全員の現在の戸籍謄本

相続人であること及び現在も生存していることを証明するためです。

 

④遺産分割協議書(全員の印鑑証明書付)

日付と相続人全員の記名と実印の押印が必要です。作成は弁護士に任せるのをおすすめします。印鑑証明書は、相続人がお住まいの市区町村役所で取得します。有効期限はありません。弁護士に依頼し調停で遺産分割がまとまった場合には、調停調書が遺産分割協議書の代わりになるので、印鑑証明は不要です。

 

⑤財産をもらい受ける人の住民票

全部事項証明書(登記簿謄本)に不動産の所有者として記載される住所を特定するためです。有効期限はありません。

 

⑥相続する不動産の固定資産評価証明書

相続登記申請時に、国に納付する登録免許税を算出するために必要な書類です。不動産が存在する市区町村役所で取得します。

 

⑦相続する物件の登記簿謄本・登記事項全部証明書

相続登記の対象となる不動産の現在の権利関係を把握します。法務局(登記所)で取得します。正確な地番、家屋番号がわかっている場合には全国どこの法務局でも取得できます。弁護士法人リーガル東京ではネットから登記事項を取得できます。

 

 

2.遺言による場合

遺言書が添付資料となります。被相続人の戸籍謄本は、死亡時のものだけで足ります。法定相続人全員の現在の戸籍謄本は不要であり、物件を取得する相続人のものだけで足ります。弁護士法人リーガル東京では、不動産の相続登記手続もお受けしております。

 

遺言書の記載が不備で相続登記できないときは、弁護士に相談してください。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.