相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 事業を子に継がせるにはどうしたらいいか

事業を子に継がせるにはどうしたらいいか

1.概要

親が子に事業と資産を引き継ぐ際には、(イ)社長としての経営権の引き継ぎ方法と(ロ)個人の相続財産でもある会社の株式の引き継ぎ方法が重要となります。

 

(イ)について、親は経営の一線から退くか、それとも数年間は子と共に経営を行っていくのか、また(ロ)については、子に引き継ぐ方法として、株式を一度にすべて渡すのか、それとも年数をかけて渡すのか、また株式を子に直接的に渡すのか、それとも間接的に渡すのかなど、様々な方法が考えられます。それぞれの方法により、実行する時期や負担する税金も異なってきますし、また、将来発生する相続税も異なってきます。

 

事業承継や相続対策をお考えの方は弁護士に相談されてはいかがでしょうか。弁護士のなかでも特に事業承継や相続対策に精通している弁護士に相談することをお勧めします。弁護士事務所のHPなどをみると、事業承継や相続に精通している弁護士かどうかの参考になるかと思います。

 

 

2.非上場株式等についての贈与税の納税猶予

(1)制度のあらまし

後継者である受贈者(「経営承継受贈者」といいます。)が、贈与により、経済産業大臣の認定を受ける非上場会社の株式等を先代経営者である贈与者から全部又は一定数以上取得し、その会社を経営していく場合には、その経営承継受贈者が納付すべき贈与税のうち、その非上場株式等(一定の部分に限ります。)に対応する贈与税の納税が猶予されます(猶予される贈与税額を「非上場株式等納税猶予税額」といいます。)。

 

この非上場株式等納税猶予税額は、先代経営者や経営承継受贈者が死亡した場合などにはその全部又は一部が免除されます。免除されるときまでに特例の適用を受けた非上場株式等を譲渡するなど一定の場合には、非上場株式等納税猶予税額の全部又は一部を利子税と併せて納付する必要があります。

 

なお、同様な制度として非上場株式等についての相続税の納税猶予制度もあります。

 

 

(2)特例を受けるための要件

この特例の適用を受けるためには、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」に基づき、会社が「経済産業大臣の認定」を受ける必要があります。なお、「経済産業大臣の認定」を受けるためには、原則として、贈与の日の属する年の翌年の1月15日までにその申請を行う必要があります。

 

 

(3)この特例制度の適用をお考えの方は、上記以外にも適用を受けるための細かい要件がありますので、相続税務に精通した弁護士や税理士に相談されることをお勧めします。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.