相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 我が子に相続財産を取得させない方法

我が子に相続財産を取得させない方法

我が子に相続財産を取得させないようにするためには,どのような対策が考えられるでしょうか。

 

まず考えられる対策は,遺言を作成して,相続をさせたい相続人だけに相続させる内容の遺言を作成しておくことです。遺言書を隠されたり,改ざんされないように,公正証書遺言にしておくことをお勧めします。ただし,この方法では,後で相続をさせたくない我が子が,遺言によって相続をした相続人に対して,遺留分減殺請求を行うリスクがあります。 

 

次に,あらかじめ相続財産を減らしておくことが考えられます。この時の注意点は,我が子とともに推定相続人になる配偶者や別の子どもに生前贈与をしてしまうと,あとでそれは特別受益として持ち戻されてしまうおそれがあることです。そうすると,生前贈与をして相続財産を減らした意味があまりなくなってしまうので,推定相続人ではない人に生前贈与をしましょう。

 

遺言書作成で対応する場合でも,相続財産を減らしておく場合にも,後日の紛争予防のために,相続させたくない我が子にどれくらいの遺留分が認められるのかを計算しておく必要があります。遺留分の算定については,相続財産に関する資料を用意してから,弁護士に相談して下さい。

 

その他,相続させたくない我が子に相続人欠格事由がある場合には,相続人から除外することができます。相続人欠格事由とは,遺言書の偽造,変造,破棄及び隠匿をしたり,詐欺や脅迫により遺言をさせたり,また被相続人等を殺したりした場合のことです。相続人欠格事由があることの証明は,裁判手続となる可能性が非常に高いので,弁護士に依頼をする必要があります。まず,相続人欠格事由が認められるかどうか弁護士のアドバイスを受けるために,相続人欠格事由に関係する資料などを用意し,弁護士にその資料を見せながら事情を説明しましょう。

 

最後に,廃除された者も相続人にはなりません。廃除とは,推定相続人(兄弟姉妹以外)が,被相続人に対し,虐待,重大な侮蔑,その他著しい非行等の行為がある場合に,相続権を失わせる手続きです。廃除をするには,家庭裁判所に審判を出してもらう必要があります。廃除の手続きも,相続人欠格事由と同様に,複雑な裁判手続きが必要になりますので,弁護士に依頼されることをお勧めします。まずは,関係資料を集めて,廃除の審判が出されるかどうかの見通しを、弁護士に確認してもらいましょう。

 

いずれの方法にしても,生前の対策が必須であるため,早めに相続に詳しい弁護士に相談しましょう。

 

 

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.