相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 法律通りにはいかない?相続後の預貯金払い戻し

法律通りにはいかない?相続後の預貯金払い戻し

入院費用の精算や葬儀代など、亡くなられた方(被相続人)の預貯金から出したいと考えている人は多いでしょう。ところが金融機関によっては、あれこれ理由をつけて被相続人名義の預貯金の引き出しになかなか応じないところもあります。「被相続人が亡くなったあと、すぐに預貯金の全額を出しておいたほうがいい」という人もいれば、そうしてひどい目にあった、とうい人もいます。なかには弁護士を代理人にして銀行を訴えたという人もいるようです。

 

これらは一体どういうことなのか、被相続人の預貯金の払い戻しに関する法律と実情について説明します。

預金を払い戻してもらう権利のように、複数人の権利者が分割して権利を行使できる債権のことを法律上「可分債権」といいます。

被相続人が亡くなれば相続が発生し、可分債権は自動的に各法定相続人が権利を行使できるということに民法上はなっており、その他の法律や金融機関の取引約款をみても、各相続人が自分の法定相続分の預貯金を引き出せる、ということを否定する規定は全くありません。

しかし、金融機関の実際の取り扱いとしては、金融機関の担当者が被相続人の死亡を知った時点で被相続人名義の預金は引き出すことができなくなっているのです。

 

では、金融機関が被相続人名義の預金の引き出しに応じなくなるのはなぜでしょうか。金融機関側にも言い分はあるようなのです。

たとえば法定相続分とは別に、遺産分割協議によって預金を相続する人が決まることは一般的にありえます。遺言で預金を相続する人を決めていたり、人によっては寄付したり遺贈したい、ということもあるでしょう。こうしたときに、単純に法定相続分にしたがって払い出しに応じてしまうと、遺言や遺産分割協議書の存在を知らない金融機関としては適切に払い戻しに応じるべきなのか確認できないのです。

 

この扱いを知っていると、逆に有利に使える相続人も出てきます。法定相続人のなかに、ずっと被相続人名義の預金を管理していたり、預金をだまって引き出したりしそうな人がいる場合は、被相続人が亡くなったらただちに金融機関にその事実を知らせてしまえばいいのです。これで預金は事実上凍結され、所定の手続きや書類を整えるまでは誰も引き出せなくなります。事前に弁護士などに相談している人だと、こうした実情を逆に活かすアドバイスをもらえます。

 

一般的に広まっている「被相続人が亡くなったら、すぐに預金を引き出しておいたほうがいい」というのはこうした扱いを指しています。金融機関によっては、100万円程度のお金ならば直ちに引き出しに応じて死亡直後の出費に備えてもらう扱いをとっているところもあります。大きな都市銀行ではこうした扱いをみかけません。大きな銀行であるほど、遺産分割協議書を提出したり遺言書を示しても預金の払い戻しに応じない傾向があり、相続に携わる弁護士の間でもこれを問題としています。

 

 

 

では、実際には被相続人の預金の解約に、どんな書類が必要でしょう?一般的なものを説明します。

まず必要なのは、被相続人の出生から死亡までの戸籍の記録と、それに連続する各相続人の戸籍の記録です。金融機関はこれを確認して、相続人、つまり預金の払い戻しの権利を持つ人を特定します。

 

金融機関所定の書式で預金の払い戻しや解約を求める書類を用意してあり、これに法定相続人全員が署名捺印して印鑑証明書を添付する必要がある、というところもあります。遺産分割協議をやっと終わらせたあとでこうした書類の提出を求められると、また他の相続人達の実印や印鑑証明書が必要になりますので、払い戻しが必要な金融機関ごとに書式や手続きを確認しておくことを強くおすすめします。

 

どうしても自分の法定相続分だけ払い戻したい、という場合は、金融機関を訴えてしまえばいい、という考え方も弁護士から示されています。

 

この場合は裁判所の判断をへて、その法定相続人に権利があることがわかるため、金融機関は誰からも責任を問われません。預金が存在していて戸籍の記録を集めれば法定相続分の権利を持っていることは明らかにできるので、訴訟としては困難でない類型になります。弁護士の中には、訴訟の可能性を示して預金の払い戻しを働きかけてくれる人もいます。被相続人が亡くなったときに勝手に預金を払い出すことで、相続財産を横領したと言われたり税務調査に入られることもありますから、度を超した払い戻しや他の法定相続人の権利を傷つけるような行動はしないようにしてください。

 

 

 

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.