相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 限定承認とは何なのか、その利用法とは?

限定承認とは何なのか、その利用法とは?

相続を行った場合、故人が残した財産や土地、建物などの遺産を引き継ぐことが可能になりますが、残されている遺産はそれだけではない場合があります。遺産の中には負の遺産と呼ばれる借金なども含れているため、もし相続を行った場合には故人が残してしまった借金も全て相続する必要があります。こ

 

れは遺産を相続する場合の決まりとなっているため、それを知らずに相続してしまうと財産以上の借金を相続してしまう恐れもあるわけです。もちろん弁護士などに相談して相続放棄してしまえば、借金を相続することも無くなるわけですが、同時に土地や建物などの全ての財産も放棄することになります。そんな時に利用するのが限定承認と呼ばれる方法です。限定承認を利用した場合、通常の遺産と同様に借金も相続することになりますが、相続する借金の額をプラスの財産の範囲内で引き継ぐことが出来る方法です。

 

限定承認を利用した場合、もし相続した後に多額の借金の存在が明らかになった場合でも、プラスの財産の範囲内までしか借金も相続されないため、全て相続を行うよりも安心安全だと言えるかもしれませんが、手続きが複雑で専門家である弁護士に頼み必要があります。

 

もし故人が借金を残しているかどうかが判断できない、わからない場合には弁護士に損段して限定承認で相続を行う方法もあります。

 

故人の残した財産を引き継ぐ相続ですが、引き継ぐ場合には全ての財産、借金などを受け入れなければいけません。そんな時に助けになるのが限定承認という方法で、プラスの財産内での借金の相続を可能にしてくれる相続方法となっています。弁護士などに相談すれば手続きなども行ってくれるわけですが、限定承認には大きな問題点が存在しています。実は限定承認を行うためには、相続人全員の承認が必要で、もしも相続人が複数いた場合には全ての相続人が一緒に申請を行う必要があるわけです。全ての相続人が足並みを揃えて限定承認OKなので申請を行いましょうとなれば何ら問題は無いのですが、一人でも限定承認は嫌だ、通常の相続が行いたいと言い出した場合には限定承認の申請を行う事が出来ないと言う事です。

 

これは限定承認を行うためには必ずクリアしなければいけないことですので、もし反対意見がある場合には弁護士などを交えて話し合いを行い、解決方法を見つける必要があると言えます。ただし反対した相続人が相続放棄を行った場合であれば、残された相続人が限定承認の申請を承認すれば、限定承認を利用することが出来ます。相続は非常にデリケートな問題なので、出来るだけスムーズに話し合いを行うためにも、弁護士などのプロの意見を聞いた方が良いでしょう。

 

 

限定承認はプラスの財産内でマイナスの財産を引き継ぐことが出来る便利な法律です。例えばマイナスの財産である借金が500万円あり、プラスの財産が1000万円の場合は、通常の相続である単純承認でなんら問題は無いと言えます。しかし借金が1000万円で財産が500万円の場合は、明らかにマイナスの方が大きいため、借金の肩代わりのために相続を行う事になってしまいます。

 

このような場合に限定承認を行えば、財産である500万円までの金額内で借金を相続することになるため、引き継いだ財産が借金のほうが多いということを防ぐことが出来ます。しかしここで問題となることが一つあり、もし引き継いだ財産が土地で場合、相続することによって所得税を支払わなければいけないケースとなる場合があります。これをみなし譲渡所得課税と言い、土地を取得した時の価格が500万円で、現在の時価が1000万円になっていた場合、限定承認を行い相続してしまうと相続した金額は500万円ではなく1000万円になってしまうからです。

 

単純承認の場合は取得した価格での相続となるため問題ありませんし、お金の場合もみなし譲渡所得課税にあたらないので問題ないわけですが、限定承認を行った場合には財産を時価で相続人に渡したとみなされてしまうため、みなし譲渡所得課税が発生してしまうことになります。ですから安易に限定承認を利用してしまうと高額な所得税の支払いが発生する場合もありますから、まずは弁護士などに相談して単純承認が良いのか、限定承認が良いのかを考える必要があるでしょう。相続に詳しい弁護士に相談すれば、最善の方法が見つかるでしょう。

 

 

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.