相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 特別受益とは何かについて

特別受益とは何かについて

被相続人から贈与などの財産的利益を受けたことのある共同相続人を特別受益者といいます。遺産の相続の際、特別受益者が他の相続人と同じ相続分を受けとると不公平が生じてしまいます。そこで、民法では共同相続人同士の公平性を保つことを目的として、贈与や遺贈分などの特別受益分を相続財産に持ち戻して相続財産を計算することとなっています。そのような制度を特別受益といいます。特別受益者がいる場合には弁護士に一度相談するといいといえます。

 

具体的には、被相続人が死亡し、共同相続人が財産を相続する場合で、共同相続人中のある者が次のような場合には、利益を受けた特別受益者の相続財産分については、次のように計算します。

 

被相続人が死亡時に持っていた財産に特別受益者が生前もらった財産の価格を加え、その合計額を相続財産と仮定します。共同相続人中のある者が遺贈を受けたり、被相続人の生前に結婚や養子縁組のために財産の贈与を受けたり、住宅資金などの生計のために贈与を受けたといった特別の受益がある場合、仮定した相続財産からそれを控除して特別受益者の相続分を計算します。このような計算方法を持ち戻し計算といいます。

 

このようにして民法では特別受益者と他の相続人の相続上の公平性を保っています。具体的な計算については専門の弁護士に依頼すると安心といえます。

 

 

 

特別受益とは、他の相続人との不公平をなくすため、被相続人から贈与や遺贈を受けていた人の相続分から、特別に受け取った分を持ち出し計算によって各相続人の遺産配分を決める制度です。相続財産を被相続人が相続開始時に有した財産の価額に贈与の価額を加えたものとみなし、遺贈や贈与の価格分を控除した残額を特別受益人の相続分とする考え方です。

 

特別受益で困った場合にはまず弁護士に相談しましょう。特別受益を主張するためには、相続人の確定と相続する財産の確定を行います。可能ならば根拠の証拠を整えて特別受益を考慮した遺産相続を他の相続人に対して求めることになります。

 

例えば、被相続人Aが5000万円の財産を残して死亡したとしましょう。Aの相続人には妻B、長男C、長女Dがいるとします。生前、AはCに対して自宅購入資金として1000万円を贈与しました。Dには事業資金として500万円を贈与しました。この場合、各相続人の具体的相続分の金額は次のよう計算します。

 

まず、みなし相続財産はAの残した財産と贈与した自宅購入式と事業資金を合わせた6500万円となります。この金額を法定相続にしたがって分割すると妻Bは2分の1、長男Cと長女Dはそれぞれ4分の1ずつとなります。しかし、CもDも贈与をそれぞれ受けているためその金額を引くと、Cは625万円、Dは1125万円が具体的な相続の金額となります。妻Bは3250万円です。具体的な計算については専門の弁護士に依頼すると安心です。

 

 

 

 遺産の相続を行う際に、共同相続人の中に被相続人から遺贈を受けたり結婚・養子縁組や生計のために贈与を受けた人がいるとします。この場合、被相続人が相続開始時に有する財産に贈与を加えたものを相続財産とみなし、相続分の中から遺贈や贈与分を控除した残額でもってその人の相続分とします。このような方法で相続人間の公平を図るのが、特別受益の制度です。

 

言い換えれば、生活費や結婚費用等で特別に故人の財産を付与されていた者がいた場合、他の相続人との間の不公平を是正するために持ち戻し計算によって各相続人への相続財産額を決める制度です。特別受益は民法903条によって規定されています。ただ、どこまでが特別受益に当たるかについては、個別具体的な事例によるため、判断が難しいところです。もし、相続人に特別受益者がいる場合には一度弁護士に相談することをおすすめします。

 

特別受益者の相続分は原則、(相続開始時の財産+特別受益分)×法定相続分-特別受益分、となります。特別受益の額が一応の相続分を超過する場合には、特別受益者は超過分を返還する必要はありませんが、相続分は受け取ることができませんので、相続はゼロとなります。特別受益に関する具体的な計算については弁護士に一度相談してみましょう。

 

 

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.