相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 遺産分割協議と弁護士の役割について

遺産分割協議と弁護士の役割について

相続人にとって遺産分割自己の財産に直接関わる人生の大きな節目の出来事であるといえます。そのため、遺産分割の話し合いの収拾がつかなくなってしまった場合、相続人の間に大きな感情的摩擦が生じることもあります。弁護士は適切に遺産の分割協議を進めるだけでなく、そのような摩擦を防ぐという意味でも、遺産分割協議において重要な役割を担っているといえます。

 

また、弁護士は遺産分割協議を円滑に進めるだけでなく、遺産分割協議後の相続人の分割財産管理にも携わることもあります。また、協議後の財産管理だけでなく、相続人間の円滑な人間関係の維持など、ソフト面での相続人のアフターケアにも間接的に関わることもあり、遺産分割協議における弁護士の役割は重要なものであるといえます。

 

遺産分割協議の際の弁護士には、例えば、相続について相談を受けて、適切な遺産分割協議の進め方について助言を行う役割があります。また、相続人調査のための資料収集を行うなどの役割を担うこともあります。

 

相続人の確定は遺産相続の大前提です。相続人調査において戸籍謄本だけで相続人と証明される人もいますが、多くの場合、戸籍謄本以外の書類が必要とされます相続は複雑なプロセスでもありますので具体的な手続きの進め方は専門性のある弁護士が行うことで確実な手続きを行うことができます

 

 

遺産分割協議における弁護士の役割はとても多様です。遺産分割協議における円滑な遂行のための助言から法的な資料の収集業務など、弁護士の役割はたいへん重要です。

 

弁護士は、相続について相談を受けて適切な遺産分割協議の進め方について助言を行います。また、関連して相続手法の遂行上必要とされる資料の収集を行いながら協議を進めるための手続きに携わります。

 

遺産相続において、誰が相続人であるかということは大前提になります。そのため、相続人は公的に証明されなければなりません。弁護士は相続人調査のための資料を集めて、法的に遺産相続をする権利のある人を確定するための業務に携わります

 

もし、被相続人に認知されている婚姻外の子どもがいた場合など、認知されている場合に法定相続人となります。そのような場合には弁護士は戸籍謄本以外の書類についても収集を行うなどの業務を遂行します。相続は複雑なプロセスです。具体的な手続きの進め方は専門性のある弁護士に相談しておくと安心といえます。

 

被相続人の財産の中で一番多いのが銀行の預貯金です。そして、土地と建物などの不動産、有価証券などがあります。遺産を相続は、厳正な相続手続きが必要とされますので、弁護士はこのような手続きを進めるための書類の収集業務を正確に遂行しながら、確実に遺産分割協議を進めるための助言などを行うことができます。

 

遺産相続手続きには相続人全員の合意が基本となっています弁護士は遺産分割協議の場に立ち会って、特定の相続人の代理人のなったり、全体の進行、調整役となる役割を担います。そのため、相続について相談を受けて、適切な遺産分割協議の進め方について助言を行ったり、相続人や遺産の調査のための資料収集を行ったりします。よって、財産分割協議にあたっては弁護士に事前に相談しておくと安心です。

 

弁護士が代理人として遺産分割協議に参加する場合は、相続に関する専門知識や経験にもとづいて依頼者の財産を適切に確保したり、増やしたりすることができるよう協議への参加を依頼することが可能です。

 

また、進行役や調整役として参加してもらう場合には、第三者的な視点に基づいて、協議をできるだけ円滑にそして穏やかに進め、相続人全員が納得して終わることのできるように協議を進めてもらうことをおすすめします

 

もし遺産分割の話し合いの収拾がつかなくなってしまった場合には、相続人の間に大きな感情的摩擦が生じることもあります。弁護士は適切に遺産の分割協議を進めることはもちろん、そのような摩擦を防ぐという意味でも遺産分割協議において重要な役割を担っているといえます。

 

解決事例

043.jpg

当事務所がこれまでに解決をしてまいりました事例をご紹介いたします。

 

相続紛争解決事例

相続手続・税務申告事例

相続税対策・紛争対策事例

不動産相続解決例

資産活用例


 

相続紛争解決事例

相続人間の様々な紛争を解決した事例を紹介します。

 1.父が公正証書遺言を残して亡くなったが、遺留分減殺請求をしたい 

 2.隠された遺産を調べて遺留分減殺請求した事例 

 3.後妻側の主張を退け先妻の子が亡父の遺産を獲得した事例

 4.遺産について相続税申告し遺産分割調停で解決

 5.父親に多額の立替金があったことなどから、遺産分割調停を申し立てた事例 

 6.土地を有効活用するため、共有物分割訴訟を提起した事例

 7.遺産分割協議で、兄の代理人弁護士から特別受益を主張された例

 8.後妻が前妻の子から予想外の遺留分減殺請求をされた例

 9.遺産分割協議で特別受益が争われた事例

 10.遺言に基づいて相続した後妻が、先妻の子から遺留分減殺請求をされた事例

   11.妻への生前贈与分を持戻した上での遺産配分を決めた事例

   12.亡父の公正証書遺言の無効が裁判で認められた事例

   13.自筆証書遺言の無効確認訴訟をされたが有効な遺言と認められた事例

   14.認知症だった亡母の遺言2通が全て有効であると認められた事例

   15. 相手方から地方都市の土地の現物分割を提案されたが、相当額の代償金受取りで解決した事例

   16. 兄弟間の遺産分割調停がまとまらず、遺産(不動産持分)を競売にした例

   17.亡母名義の預金払戻と受領を妹に一任した件が口頭での遺産分割協議であるか争われた事例

   18.リーガル東京が作成関与した公正証書遺言が遺留分減殺請求を受けた事例

 


相続手続・税務申告事例

相続手続や税務申告に関する問題を解決した事例を紹介します。

 1.相続開始から1年以上経過後で相続放棄が認められた事例

 2.相続開始を知って3年以上経過後で相続放棄が認められた事例 

 3.遺産詳細が一部不明だが相続税申告した事例 

 4.相続放棄によって父親の債務(判決結果)を引き継がずに済んだ事例

   5.交渉で遺留分相当額の代償金+利息を回収し,相続税の修正申告をした事例

 

 

相続税対策・紛争対策事例

相続税対策や相続紛争対策のため実施された事例を紹介します。
 1.生命保険で相続対策した事例

 2.公正証書遺言作成と養子縁組した事例

 

不動産相続解決例

不動産の相続方法や相続後の処分に関する解決事例を紹介します。
 1.唯一の相続財産である借地権を換金処分して分配した事例

 2.父親と共同相続した土地を持分交換で単独所有とした事例

 3.共有物分割訴訟によって敷地を単独所有できた事例

 4.不動産表示が不完全の自筆証書遺言で相続登記できた事例

 

資産活用例

相続対策になる不動産等の資産の有効活用事例を紹介します。

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.