相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 身内関係を良好なまま保つための遺産相続

身内関係を良好なまま保つための遺産相続


 

「正しい遺言書を作成しておく」

現金だけでなく不動産など多くの財産を保有したまま亡くなってしまうと、身内関係に遺産相続の問題が発生します。受け取る人が限られているのであればスムーズに手続きを進められるのですが、複数いる場合は争いになってしまうケースもあるため、身内関係を良好なまま保つためには生前にしっかりと準備しておくことが重要となります。
 
最近ではエンディングノートと言って死後のことを書き記しておくことが流行っていますが、正式な遺言書として認められないケースもありますので、遺産問題を専門とする弁護士にあらかじめ相談をして正しい遺言書を作成しておくことが、身内関係の争いを回避する最善策となります。遺言を作成する際には故人の意志を明確にしておくことが大切であり、読む人によって様々な解釈ができてしまうようではいけません。
 
相続人が受け取る金額に差をつけるのであれば、各人が納得できる理由をつける必要がありますし、遺留分についてもきちんと気に留めておかなければならないのです。そして、懇意にしている弁護士などを遺言執行者に指定しておくことで、いざという時にスムーズに手続きが開始できるため、故人となった後に身内関係で争いとなるきっかけを防ぐことが可能となります。
 

「遺産分割協議でトラブルを回避」

故人となった後では遺産問題に言及をすることはできませんので、身内関係において遺産争いを起こさないためには、生前贈与や生前における遺留分の放棄などの手続きを進めておく必要があります。しかし、このような手続きを済ませていなかったり、遺言書の作成が行われていなかったりする場合は遺族間で協議を行うしかありません。
 
この際、遺産分割協議が行われることになるのですが、弁護士が代理人として参加するケースもあります。受け取る権利を有する相続人が一人でも欠席していたのであれば協議は無効となってしまうため、きちんと段取りを組む必要があるのです。
 
また遺産分割協議において決定した事項は後から覆すことは意思表示の無効取消の事由を証明できない限り、それ以降に身内関係で争いが発生する可能性は低いのですが、新たな遺産や借金が見つかった時には検討し直さなければならないため、弁護士や税理士そして行政書士などに依頼をして遺産調査をあらかじめ行っておくことも大切です。
 
遺産分割協議書において決められた書式はないのですが、相続人の住所や氏名が住民票に掲載されている通りであるかや署名がなされているかなど、漏れがないように確認しておくことが新たな火種を起こさないトラブルの回避策となります。
 
 
 

「家庭裁判所における調停を有効活用」

相続において裁判所を活用するというと本格的な遺族間の争いが勃発しているように聞こえますが、今後も円滑な付き合いをしていくのであれば早いうちから家庭裁判所における調停を有効活用することも一つの方法なのです。相続人同士で協議をしていても、お互いが専門家ではありませんので相手を非難してしまったり、話が堂々巡りになってしまったりする可能性があるため、遺産問題を専門とする弁護士に相談をし第三者に仲介をしてもらうことが争いの回避につながります。基本的に家庭裁判所における調停は一般的な裁判と異なり非公開となりますので、外部に遺産相続の問題が漏れ伝わってしまう心配はありません。
 
調停を活用する場合は必ずしも弁護士を立てる必要はないのですが、調停が不調に終わってしまうと裁判所における審判へと移行するため、専門的な知識が必要になるケースがあります。さらに審判の内容にも納得ができない時は二週間以内に即時抗告をして上級裁判所である高等裁判所にて争われることになりますので、やはり調停の段階から弁護士の手助けを得ていた方が継続して問題の解決に当たってもらえます。家庭裁判所の調停調書や審判の内容は法的な拘束力がありますので、新たな争いは発生せず良好な身内関係の付き合いが継続できます。
 
 
 

 

 

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人リーガル東京 All Right Reserved.