相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

Q6)納税資金対策には、どういう対策がありますか。

A6)事前対策と事後対策があります。

① 事前対策
相続税納税は、原則現金での一括納付ですから、預金等の金融資産を納税資金として確保しておく必要があります。
生命保険の活用は、納税資金対策・争族対策・節税対策として有効です。

死亡保険金は、相続発生と同時に納税資金とできます。

 

受取人を特定の人に指定すれば、民法上は相続財産でなく受取人固有の財産になります。

但し相続税法上は相続財産とみなされます。
保険金には非課税枠(500万円×法定相続人の数)がありますから、節税できます。


② 事後対策
延納や物納の利用が考えられます。
しかし延納制度を利用する場合の利子税を考えると、相続財産を担保に金融機関から借入れできれば、金融機関の利子の方が低金利の可能性があります。

 

物納も地方の土地なら相続税評価額より時価が安いこともありますが、大都市ですと、相続税評価額より時価が高いことが多いので、土地を物納する場合には、売却する方が得かどうかを、よく検討する必要があります。


知って得する相続税改正と対策に関するQ&Aはこちら

Q1.改正で基礎控除が引き下げになるというけれど、基礎控除とはそもそも何のことですか。 

 

Q2.相続税改正によって相続税は、具体的にどう変わりますか。 

 

Q3.相続税の改正に備えて、どういう対策が必要ですか。 

 

Q4.相続税が節税できる事前対策には、どういう対策がありますか。 

 

Q5.相続税が節税できる事後対策には、どういう対策がありますか。

 

Q6.納税資金対策には、どういう対策がありますか。

 

Q7.改正に伴い、基礎控除額の引き下げと税率引き上げのほかに、どのようなものがありますか。


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.