相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 解決事例
  • 亡父の遺言書が一部変造された無効な遺言として訴訟提起されたが、遺言は有効との勝訴判決を得た事例

亡父の遺言書が一部変造された無効な遺言として訴訟提起されたが、遺言は有効との勝訴判決を得た事例

  東京都在住 林一郎様(仮名)40代 男性 自営業

 

(ご相談内容)

林一郎様(仮名)は,父親太郎(仮名)が亡くなり,その後,相次いで,三好様の2番目の姉花子(仮名)も亡くなりました。父太郎と姉花子の相続人は,林一郎様の1番上の姉甲と妹乙の二名でした。
亡父は,生前,父太郎の財産を林一郎様に全て相続させるという内容の自筆の遺言書を作成しており,また姉花子も,全ての財産を林一郎様に相続させるという内容の自筆の遺言書を作成していました。

林一郎様は,弁護士法人リーガル東京に対し,父太郎と姉花子の自筆の遺言書の検認手続を依頼し,弁護士法人リーガル東京は両名の遺言書の検認手続を済ませました。

ところが、その後,林一郎様の姉甲と妹乙が,亡父の遺言書は林一郎様が亡父死亡後に作成日付を書き加えて印鑑を押印したものであり,変造された遺言書で無効であるとして,林一郎様に対して訴訟を提起しました。そこで林一郎様は,遺言無効確認訴訟の件を,弁護士法人リーガル東京に依頼しました。


(解決の内容)

姉甲と妹乙側は,父太郎の遺言書が変造されたことの根拠として,作成日付が書かれてなく,押印がないこと以外は,林一郎様が保管している父太郎の遺言書原本と全く同一である遺言書コピーを、変造の証拠として提出しました。

そこで,弁護士法人リーガル東京は,遺言書の画像データをパソコンの画像編集ソフトで編集するなどで,あたかも日付の記載や押印がないかのようなコピー書面を作成することは十分に可能であると指摘して,相手方が証拠として提出した遺言書コピーも、そのような編集・加工によって作成されたものであると主張しました。
また弁護士法人リーガル東京は,林一郎様の叔母にお願いをして,父太郎が,生前,いずれはすべての財産を林一郎様に継がせたいと話していたことなどを証言してもらいました。

その結果,裁判所は弁護士法人リーガル東京側の主張を認め,父太郎の遺言書は変造されたものではなく有効であるとして、姉甲と妹乙側の請求を棄却する判決をしました。

これに対して姉甲と妹乙は控訴しましたが,高等裁判所は,控訴審第一回口頭弁論で終結させ判決言渡期日を決めました。もっとも兄弟姉妹間の紛争であることや遺留分減殺請求の問題も残ることから、高等裁判所の裁判官から、父太郎の遺言書が有効であることを前提に和解ができないかという提案がありました。 弁護士法人リーガル東京は,林一郎様の姉花子の自筆の遺言書の無効を主張される可能性がないわけではなかったので,和解をするのであれば,父太郎の相続のみならず,姉花子の相続についても一緒に解決した方が良いと提案しました。

父太郎の相続については,全て財産を林一郎様に相続させるという遺言書が有効と認められたとしても、姉甲と妹乙には遺留分があるため,父太郎の全財産から甲乙の遺留分を差し引いた財産を林一郎様が取得し,姉甲妹乙の遺留分に相当する財産を両名が取得すること、また姉花子の相続については,姉甲が父太郎と姉花子の葬儀費用などで費消した約150万円を除外した姉花子の財産を、林一郎様が相続するという形で,ほとんど全面勝訴に近い和解を成立させることができました。

(亡父林太郎の自筆の遺言)注)赤字の部分を死後加えたと主張された
souzokukaiketsujirei24.PNG

 

解決事例

相続紛争解決例

 1.父が公正証書遺言を残して亡くなったが、遺留分減殺請求をしたい 
 2.隠された遺産を調べて遺留分減殺請求した事例 
 3.後妻側の主張を退け先妻の子が亡父の遺産を獲得した事例
 4.遺産について相続税申告し遺産分割調停で解決
 5.父親に多額の立替金があったことなどから、遺産分割調停を申し立てた事例
 6.土地を有効活用するため、共有物分割訴訟を提起した事例
 7.遺産分割協議で、兄の代理人弁護士から特別受益を主張された例
 8.後妻が前妻の子から予想外の遺留分減殺請求をされた例
 9.遺産分割協議で特別受益が争われた事例
 10.遺言に基づいて相続した後妻が、先妻の子から遺留分減殺請求をされた事例
 11.妻への生前贈与分を持戻した上での遺産配分を決めた事例
 12.亡父の公正証書遺言の無効が裁判で認められた事例
 自筆証書遺言の無効確認訴訟をされたが有効な遺言と認められた事例
 14.認知症だった亡母の遺言2通が全て有効であると認められた事例
 15相手方から地方都市の土地の現物分割を提案されたが、相当額の代償金受取りで解決した事例
 16.  兄弟間の遺産分割調停がまとまらず、遺産(不動産持分)を競売にした例
 17.  亡母名義の預金払戻と受領を妹に一任した件が口頭での遺産分割協議であるか争われた事例
 18.  リーガル東京が作成関与した公正証書遺言が遺留分減殺請求を受けた事例
 19.  遺産分割調停で自宅敷地を分筆して遺産分割を成立させた事例
 20.  遺産相続において父親死亡前からの寄与分が父親死亡後の母親遺産相続においても寄与分 として認められた事例
 21.遺産分割調停で海外不動産も遺産に含めて金銭で解決した事例
 22.(準備中)
 23.  使い込み預金の返還請求と遺留分減殺請求を訴訟で解決した事例
 24.  亡父の遺言書が一部変造された無効な遺言として訴訟提起されたが、遺言は有効との勝訴判決を得た事例


相続手続・税務申告例

 1.相続開始から1年以上経過後で相続放棄が認められた事例 
 2.相続開始を知って3年以上経過後で相続放棄が認められた事例
 3.遺産詳細が一部不明だが相続税申告した事例
 4.相続放棄によって父親の債務(判決結果)を引き継がずに済んだ事例
   

相続税対策・紛争対策例

 1.生命保険で相続対策した事例 
 2.公正証書遺言作成と養子縁組した事例
 
.全遺産を長男に相続させて高額の代償金を取得した事例

不動産相続解決例

 1.唯一の相続財産である借地権を換金処分して分配した事例
 2.父親と共同相続した土地を持分交換で単独所有とした例
 3.共有物分割訴訟によって敷地を単独所有できた事例
   4.不動産表示が不完全の自筆証書遺言で相続登記できた事例

資産活用例


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.