相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • 解決事例
  • 相手方から地方都市の土地の現物分割を提案されたが、相当額の代償金受取りで解決した事例

相手方から地方都市の土地の現物分割を提案されたが、相当額の代償金受取りで解決した事例

東京都在住 松原様(仮名・30代・女性)

(ご相談内容)

 松原様は、父親甲が病死した1年後に、母親乙を亡くしました。相続人は、松原様と兄丙の2名です。父親は公正証書遺言を残しており、群馬県内のA土地を乙に相続させ、A土地の隣地(B土地)を兄丙に相続させるという遺言を残していました。

 東京在住の松原様は、群馬県の土地を相続しないで、金銭を兄丙から貰いたいと思って、小林弁護士と竹本弁護士に相談しました。

(解決の内容)

小林弁護士と竹本弁護士、父親甲について、遺言があることから、松原様の代理人として、兄丙に遺留分減殺請求の内容証明郵便を出し、母親乙の遺産分割協議を求めました。


これに対し、兄丙は、弁護士に依頼し、両親と同居して面倒をみたとして寄与分を主張し、また両親の滞納税金等で500万円以上立替払いしたので、その2分の1の返済を求めてきました。また両親が所有していた群馬県と土地の評価金額も問題になり、兄側が土地の現物分割を希望したことから、話し合いが平行線でした。


小林弁護士と竹本弁護士は、遺産分割調停を申し立て、立替払いした金額についての証拠の提出を求めたり、不動産価格についての証拠を出したり、寄与分の存在を争うなどしました。


その結果、兄丙が土地を全部取得し、代償金として400万円位を松原様に支払うという内容の調停が成立しました。


お客様の声

キャプチャ お客様の声 .PNG>>クリックすると拡大します。

 私と竹本先生(現:弁護士法人リーガル東京アンカー)との出会いは、二人兄弟の兄との間で遺産相続問題で悩んでいるときでした。1年余のうちに相次いで両親が他界し、郷里に残された不動産と現預金の配分について折り合いがつかなかったのです。兄は当初、法的には考えられないような条件を示し、私が異を唱えると、様々な理由をつけては話し合いを先延ばしにしてきました。そして早期の解決を促したところ、兄の方から弁護士を立ててきたのです。


 もともと兄弟の仲は悪くなく、相続の件も兄弟同士だけで円満に話し合おうと約束していたにも関わらず、いきなり代理人を立ててきたのです。そのため当時私も仕事が忙しかったため誰か専門家の方に相談せざるを得なくなったのです。ただ遺産相続といっても、世間的に見て高額な遺産でなかったので悩んだのですが、思いきってネットで見て印象のよかったリーガル法律事務所(現:弁護士法人リーガル東京)を訪問することにいたしました。

 

 短時間の(無料)法律相談ということで担当していただいたのは、30代半ばに見える女性の竹本先生で、こちらの話を真剣に聞いていただき、あいまいな部分は的確に質問されてきました。相談が終わった時にはかなり約束の時間を過ぎていました。それまできわめて事務的な法律相談を何回か経験した私は、こんな充実した時間は初めてでした。日頃の思いを吐き出して心が晴れた思いでした。私はすぐにその場で竹本先生に代理人になっていただけないかと依頼してしまいました。


私は正直、遺産が大した金額でもないことに気が引けていたのですが「この先生なら全部任せられる」と直感したのです。その後、相手側との難しい折衝を、「的確な判断と強い意思力」でテンポよく進めていただきました。交渉ごとはわずかな遅滞やタイミングを外すとこじれるものですが、先生のやりとりは絶妙なものでした。結局、約4カ月で先方が折れる形で、満足した形で合意にいたりました。その間よく話を聞いていただき、先生からの報告も丁寧で、アドバイスも「知と情」のこもった的確なものをいただきました。


 

 私は解決するまでの間、すっかり竹本先生を信頼し安心して任せきっていました。後で知ったのですが、その頃、竹本先生は公私ともに多くの難しい案件を抱えていらしたとのことでした。飛び込みで相談した私のような小さな案件でも、丁寧に対応していただいたことを、ほんとうに心より感謝しております。ありがとうございました。

 

 

解決事例

相続紛争解決例

 1.父が公正証書遺言を残して亡くなったが、遺留分減殺請求をしたい 
 2.隠された遺産を調べて遺留分減殺請求した事例 
 3.後妻側の主張を退け先妻の子が亡父の遺産を獲得した事例
 4.遺産について相続税申告し遺産分割調停で解決
 5.父親に多額の立替金があったことなどから、遺産分割調停を申し立てた事例
 6.土地を有効活用するため、共有物分割訴訟を提起した事例
 7.遺産分割協議で、兄の代理人弁護士から特別受益を主張された例
 8.後妻が前妻の子から予想外の遺留分減殺請求をされた例
 9.遺産分割協議で特別受益が争われた事例
 10.遺言に基づいて相続した後妻が、先妻の子から遺留分減殺請求をされた事例
 11.妻への生前贈与分を持戻した上での遺産配分を決めた事例
 12.亡父の公正証書遺言の無効が裁判で認められた事例
 自筆証書遺言の無効確認訴訟をされたが有効な遺言と認められた事例
 14.認知症だった亡母の遺言2通が全て有効であると認められた事例
 15相手方から地方都市の土地の現物分割を提案されたが、相当額の代償金受取りで解決した事例
 16.  兄弟間の遺産分割調停がまとまらず、遺産(不動産持分)を競売にした例
 17.  亡母名義の預金払戻と受領を妹に一任した件が口頭での遺産分割協議であるか争われた事例
 18.  リーガル東京が作成関与した公正証書遺言が遺留分減殺請求を受けた事例
 19.  遺産分割調停で自宅敷地を分筆して遺産分割を成立させた事例
 20.  遺産相続において父親死亡前からの寄与分が父親死亡後の母親遺産相続においても寄与分 として認められた事例
 21.遺産分割調停で海外不動産も遺産に含めて金銭で解決した事例
 22.(準備中)
 23.  使い込み預金の返還請求と遺留分減殺請求を訴訟で解決した事例
 24.  亡父の遺言書が一部変造された無効な遺言として訴訟提起されたが、遺言は有効との勝訴判決を得た事例
  25.被相続人の兄と外国人妻との遺産分割争いの事例

相続手続・税務申告例

 1.相続開始から1年以上経過後で相続放棄が認められた事例 
 2.相続開始を知って3年以上経過後で相続放棄が認められた事例
 3.遺産詳細が一部不明だが相続税申告した事例
 4.相続放棄によって父親の債務(判決結果)を引き継がずに済んだ事例
   

相続税対策・紛争対策例

 1.生命保険で相続対策した事例 
 2.公正証書遺言作成と養子縁組した事例
 
.全遺産を長男に相続させて高額の代償金を取得した事例

不動産相続解決例

 1.唯一の相続財産である借地権を換金処分して分配した事例
 2.父親と共同相続した土地を持分交換で単独所有とした例
 3.共有物分割訴訟によって敷地を単独所有できた事例
   4.不動産表示が不完全の自筆証書遺言で相続登記できた事例

資産活用例


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.