相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

筆跡の似ていない遺言状について

【事例】
a0001_016949_m.jpgのサムネール画像のサムネール画像
 
 父が亡くなりました。相続人は私と弟の2人です。弟に遺産の4分の3を相続させる内容の自筆証書遺言が出されましたが、父の筆跡と似ていません。

 遺言作成時に立ち会ったという弟は、「父親は晩年病気がちだったから。」と言って、この遺言は父親が書いたものといって譲りません。私は、弟が無理やり父親に書かせた、もしくは偽造したのではないかと思っています。

 このまま遺言の検認手続がされて遺産分けが進んだら困ります。
どうすればよいでしょうか。
 
 

A12 )遺言無効を争う必要があります

4G2A5545.JPGのサムネール画像
【回答】

 ①発見された自筆証書遺言について、筆跡が遺言者本人のものとは違うという場合(いわゆる偽造)、遺言の無効を主張することになります。
 
 「弟が無理やり書かせた」というのは、父が亡くなった後には、証明が非常に難しいので、遺言無効を主張することは非常に難しいでしょう。
 遺言無効を認めてもらうためには、無効を主張する人が「遺言無効確認訴訟」を裁判所に提起する必要があります。
 
 もっとも訴訟提起には準備期間が必要ですので、その間に弟が検認を受けた遺言書に基づいて、遺産である預貯金の払戻をしてしまう可能性があります。そのようなことをされないためには、早めに弁護士に依頼して各金融機関に「遺言無効の訴訟を提起するので、解決まで払戻に応じないこと」を求める書面を送付することが必要です。
 
自筆証書遺言を遺言者(父)本人が書いていないのであれば、遺言は無効です。そこで遺言無効確認の訴訟において、筆跡鑑定を求めることになりますが、それ以外にも父の筆跡の異同判定の対象資料となる日記や手紙、メモ、その他の資料の筆跡を証拠として提出するなどして、父本人が書いた遺言ではないということを証明していくことになります。
 
 もっとも、日記や手紙、メモなどの筆跡でも、遺言者が書き方を変えていたり、略字を使用したりするなど、使用文字を変動させている場合もあったり、また、メモなどの対象資料が作成されてから遺言書が作成されるまでに、年月が経過していた場合などにおいては、加齢とともに、筆圧や筆の流れ、字配り、行間が変わることもあります。したがって、筆跡鑑定のみでは、その証明力に限界があると言われています。
 
 そのため、裁判では筆跡鑑定以外の事情、例えば、当該遺言書の作成の経過、遺言者と相続人らとの利害関係や関係の良し悪し、遺言者の作成時における精神や身体の状況、その後の遺言者の行動などの事情を総合的に考慮して判断されます。

③また、弟が遺言を偽造した疑いがある場合には、その偽造したことをこちらで立証する必要があります。

 仮に、弟が遺言を偽造したということを立証できた場合、遺言が無効になることのほかに、弟は相続欠格事由(民法891条5号)に該当し、相続人から除外することも可能になります

よくあるQ&A一覧

Q12)筆跡の似ていない遺言状について。

Q11)介護の貢献度に応じて遺産を分割できますか。

Q10)子供のいない夫婦の相続対策には何かありますか。

Q9)継がせる財産を意図的に最小限に抑える方法はありますか。

Q8)共有名義での資産相続を断ることはできますか?

Q7)同居の両親の介護を妻に長年させていた長男の寄与分は認められますか。

Q6)結婚生活中に夫名義で購入した住宅について、共働きの妻の寄与分はありますか。

Q5)会社への援助が被相続人に対する寄与と認められることはありますか?

Q4)①持戻免除の意思表示とは何ですか ②どういうケースで認められますか

Q3)次の①から⑧のものは,特別受益に該当しますか。

Q2)次の相手方に特別受益があると主張できますか。

Q1)特別受益とは何ですか。それがあると遺産分割調停で,どのように取り扱われますか。


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.