相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

  • HOME
  • よくあるQ&A
  • 共働き夫婦で,結婚生活中に夫名義で購入した住宅について、妻の寄与分は、ありますか。

結婚生活中に夫名義で購入した住宅について、共働きの妻の寄与分はありますか。

A6)妻の寄与分が認められやすいといえます。

 
 「寄与分」とは,被相続人との身分関係や親族関係から見て,通常期待される以上に被相続人の財産の維持や増加に貢献をした相続人がいるときに,遺産分割で、その相続人の法定相続分に寄与した分の額を加算する制度です。
 
 例えば,共働きの夫婦が,結婚生活中に夫名義で住宅を購入したケースで,実際は妻が購入資金の約90%を提供していた場合に,妻が提供した購入資金の割合に応じて,その住宅について妻の寄与分を認めた審判例があります。
 
 また,結婚生活中に夫名義で取得した財産について,妻が資金提供をしていたかどうか不明であるものの,共働きの妻が夫より多くの収入を得ていたというケースで,夫名義になっている財産のうち2分の1を妻の寄与分として認めた審判例もあります。

 このように,共働きの妻が多くの収入を得ていた場合,結婚生活中に取得した財産が夫だけの名義になっているとしても,その財産を取得できたのは妻が多くの収入を得ていたからだと考えられるため,妻の寄与分が認められやすいといえます。
 


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.