相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

Q2)次の相手方に特別受益があると主張できますか。

 ① 相続人の配偶者・子・孫が被相続人から多額の金銭を生前贈与された   
 ② 被相続人が生前、相続人が経営する同族会社へ多額の資金援助をした   
 ③ 被相続人が孫に不動産を生前贈与した後、その孫と養子縁組をした

A2)

①相続人の配偶者・子・孫が被相続人から多額の金銭を生前贈与されたというケースについて

特別受益があると主張できる相手方は、「共同相続人」です。「相続人の配偶者・子・孫」は、「共同相続人」ではないので、原則として特別受益を主張できる相手方にはあたりません。    

もっとも、例外として、名義上は相続人の配偶者や子、孫への贈与であったとしても、その実質をみると、相続人へ直接贈与されたものと異ならないと認められるような場合には、相続人の特別受益として扱うべきであるとの審判例もあります(福島家裁白河支審昭和55年5月24日家月33巻4号75頁)。

②被相続人が生前、相続人が経営する同族会社へ多額の資金援助したケースについて

資金援助の相手方が、相続人自体ではなく会社なので、原則として特別受益があると主張することはできません。

もっとも、例外として、当該会社が極めて小規模の同族会社で、相続人がその代表者を務めつつ会社の連帯保証人をしているなど、実質的には直接相続人へ資金援助がされたものと異ならないと認められる場合には、相続人に対して特別受益があると主張することができる余地があります。

③被相続人が孫に不動産を生前贈与した後、その孫と養子縁組をしたケースについて

孫は、被相続人と養子縁組をすれば相続人となりますが、養子縁組をする以前では相続人とはなりません。被相続人が生前贈与をした時点では、孫は「共同相続人」ではないので、原則として、特別受益があると主張することはできません。    
もっとも、例外として、養子縁組のために予め贈与がなされたような場合には、実質的には相続人への贈与があったものとみて、特別受益があると主張することができる余地があります(神戸家裁明石支審昭和40年2月6日 家月17巻8号48頁参照)。

よくあるQ&A一覧

Q12)筆跡の似ていない遺言状について。

Q11)介護の貢献度に応じて遺産を分割できますか。

Q10)子供のいない夫婦の相続対策には何かありますか。

Q9)継がせる財産を意図的に最小限に抑える方法はありますか。

Q8)共有名義での資産相続を断ることはできますか?

Q7)同居の両親の介護を妻に長年させていた長男の寄与分は認められますか。

Q6)結婚生活中に夫名義で購入した住宅について、共働きの妻の寄与分はありますか。

Q5)会社への援助が被相続人に対する寄与と認められることはありますか?

Q4)①持戻免除の意思表示とは何ですか ②どういうケースで認められますか

Q3)次の①から⑧のものは,特別受益に該当しますか。

Q2)次の相手方に特別受益があると主張できますか。

Q1)特別受益とは何ですか。それがあると遺産分割調停で,どのように取り扱われますか。


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.