相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

(相続相談事例③)ビルの所有権を親族で相続するために、弁護士に相談した例

㊟プライバシー保護のため実例の内容を少し変えています。

08063.png

 
東京23区内に居住する上田豊さん(仮名・70歳)は、先祖代々の地主で、都内に個人名義で収益ビル1棟と収益マンション2棟を所有しています。川島さんの妻は10年前に亡くなり、川島さんは、長男秀一さん(40歳・上場会社勤務)の家族(妻幸枝35歳と長男の子優くん10歳)と同居していました。
 
川島さんには、もう一人息子(次男の史郎さん・36歳)がいて、妻(春子・38歳)いましたが、生まれつき病弱で子供がいませんでした。豊さんは、長男秀一さんの家系に先祖代々からの不動産を相続させたいと考えていました。しかし次男史郎さん夫婦の生活も考えなくてはならないと思っていました。また豊さんは、ビルやマンションの管理会社を設立して自主管理してきましたが、高齢で管理を他に任せたいと思っていましたが、長男夫婦や次男夫婦に全て任せられない事情がありました。
 
また豊さんは、将来次男夫婦に甲ビル1棟を相続させ、その賃料収入で生活できるようにさせたいと思っていましたが、次男夫婦死亡後に、他人(次男の妻側の親族など)に甲ビルの所有権が渡るのは避けたいと思っていました。
 
そこで相続問題や賃貸経営に詳しい弁護士などの専門家に相談しました。

 

>>解決方法


弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.