相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

相続時清算課税制度

043.jpg

こちらのページでは、相続時清算課税制度についてご説明いたします。

 

うまく活用すれば節税につながる制度です。

 

こちらのページをご参考になさってください。

相続時清算課税制度について

イ 生前贈与による節税は、暦年課税(れきねんかぜい)という贈与税の課税方式を前提としています。
「暦年課税」とは、基礎控除額110万円を超える額の財産の贈与を受けたときに、一定の累進税率(10%~50%)による贈与税が課税される方式です。

贈与税の課税方式には、暦年課税の外、「相続時清算課税」という方式があります。

ロ 相続時清算課税制度とは
親から子に財産を贈与するについて、2500万円までは、贈与税がかからない(2500万円を超える部分については、一律20%の税率の贈与税がかかる)という制度です。

なお、親が生前贈与した財産は、親の相続開始時に、相続財産に合算されて、相続税の課税対象となります。そして、親の生前に納めた贈与税額が相続税額から控除され、相続税額の軽減もしくは税金還付がされることになります。

ハ 相続時清算課税制度の注意点
1) 制度の適用者が限定されています。
贈与者は65歳以上の親、受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子(子が死亡しているときは20歳以上の孫)

2) 制度の適用を受けるには、一定期間内に、「相続時清算課税選択届出書」を贈与税申告書に添付する必要があります。

3) 相続時清算課税制度を選択すると、従来の「暦年課税制度」に戻すことができません。

4) 生前贈与された財産は、親の相続開始時に、相続財産に合算され、全て相続税の課税対象となります。合算額は、贈与時の価額です。
したがって、将来値上がりが確実に予想される財産については、この制度を利用するメリットがありますが、将来値下がりが予想される財産では、この制度の利用はデメリットになるでしょう。

5) 相続税額を計算する上で、小規模宅地等の特例対象となる不動産があっても、この制度を利用して生前贈与してしまえば、この特例は適用されません。

 

 

相続税対策に関することは以下のページをご覧ください。

生前贈与

相続時清算課税制度

住宅取得資金の特例

相続税対策になる賢い不動産活用

小規模宅地の特例

その他の相続税対策



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.