相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

遺言書の検認

043.jpg

こちらのページでは、遺言書の検認についてご説明いたします。


相続が始まって遺言書が見つかったら、どうすればよいでしょうか。

遺言書の検認方法

(1)自筆証書遺言については、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に遺言書検認の申立をし、遺言書を提出して検認を受ける必要があります。

「検認」とは、法定相続人全員に対し、遺言の存在及び内容を知らせるとともに、検認時における遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止する為に行われる手続です。

封印のある遺言書は、家庭裁判所で、相続人等の立会の上で開封しなければいけません。

検認を受ける前に未開封の遺言書を開封したり、あるいは、偽造、改ざんしたりすることは、厳重に処罰される禁止項目です。

遺言そのものが無効になることはありませんが、相続人に刑事罰である過料が科せられるほか、相続欠格として相続権を失うこともあるのです。


(2)公正証書遺言は公証人が作成に関与していることから、家庭裁判所での検認の必要はありません。


遺言書が2通以上見つかったら

もし遺言書が2通以上見つかった場合は、日付の一番新しい遺言書が有効とされます。

日付は記載されているはずですが、開封することはできないので、見つかった遺言書はすべて家庭裁判所で検認の手続をします。

遺言書をなかなか見つけてもらえず、発見されたときは遺産分割が終わっていた、というケースもまれにあります。

遺言書の内容と異なる遺産分割協議でも有効ですが、遺言書の内容を知っていればそのような内容の遺産分割協議が行われなかったことが明らかな場合には、遺産分割協議の無効を主張できるでしょう。

 

遺言に関する事は以下のページをご覧ください。

遺言の方式

遺言書の書き方

遺言のメリット

遺言書の保管

遺言書の検認

遺言の執行と実行手順



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.