相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

遺産分割をリーガル東京に相談依頼するメリットについて

1、争いのないケース

「遺産分割で争わないだろう。相続人間で大まかな合意ができているから、弁護士に依頼する必要がない。」などと考えている方が、少なくないようです。

けれども相続人の一部の人で話を取りまとめたり、遺産を処分する場面になると、互いに不信感が生じて揉めるケースがあります。

また遺産の中に株式や不動産があるが、どういう分け方をすれば平等な分け方になるのか分からない、そもそもどこにどれだけの株式や預金等があるのか正確に分からない、というケースも少なくありません。

 そのような場合に、信頼できる人に間に入ってもらい円満に手続を終わらせることが大切です。

 弁護士は、一部の相続人の代理人として遺産分割協議に関わるケースが一般的でしょうが、弁護士法人リーガル東京では、このような争いのケースでもお役に立てます。すなわち、下のようなトータルサポートができます。

   遺産内容を調査し、遺産の全容をお示しできます。

   最初の遺産分割協議からリーガル東京の弁護士が立会い、相続人全員に

平等に相続問題に関する法律的なアドバイスをいたします。

   相続人同士でおおよその話し合いがまとまったら、リーガル東京の弁護士が遺産分割協議書案をいくつか提示します。

   リーガル東京の弁護士の説明に相続人の皆様が納得しましたら、各人が遺産分割協議書に署名押印します。

   この遺産分割協議書に基づいて、リーガル東京の弁護士が、相続登記や預金解約、株式名義変更手続等を、行います。

   相続税申告が必要なケースでは、併設の税理士法人リーガル東京が相続税申告をいたします。

 

争いないケースで、弁護士に依頼すると、手数料はどのくらいかかるのか心配」という方もいらっしゃると思います。でもご安心ください。

 弁護士法人リーガル東京・税理士法人リーガル東京は、依頼を検討される方全員に、弁護士費用見積をご提案し、ご納得いただいてから、委任契約書を作成しております。また弁護士費用を請求するに当っては、請求明細を作成しております。

 

ところで市町村役場に相続関連の手続を行政書士に依頼するついでに、遺産分割の件を当該行政書士に依頼したり、司法書士に相続登記を依頼したとき遺産分割協議書作成を当該司法書士に依頼したり、税理士に相続税申告を依頼したときに遺産分割協議書作成を税理士に依頼することが、少なくないようです。

もちろん相続人同士の話し合いで、遺産分割協議が出来るケースも少なくないと思います。けれども一部の相続人の顧問税理士が、顧問先の相続人に有利な内容の遺産分割協議書を作成して押印を迫ったりするケースもあります。

 あるいは司法書士が作成した遺産分割協議書に未成年者にも署名押印させたため遺産分割協議書が無効になったケースもあります。相続問題に詳しい弁護士に依頼することが安心だと思います。

 

2、争いのあるケース

弁護士なら誰でも相続問題を上手く解決してくれるわけではありません。

相続法と相続税法の知識・経験、解決実績がどれだけあるかが重要です。

弁護士法人リーガル東京は、相続問題を数多く解決処理してきました。

その中には、遺言の効力が争われたケースが何件もありますが、いずれも勝訴判決ないし勝訴的和解を勝ち取っています。また遺産分割においても不動産の価額や寄与分・特別受益などが争われたケースで、豊富な経験に基づいた依頼者の利益を最大限確保できるノウハウがあります。

また遺産相続においては、相続税申告・納付も検討すべき課題です。争いがあって遺産未分割で相続税申告をしたケースでは、遺産分割できたときに修正申告なるいは更正の請求が必要になります。

後日の相続税申告・納税を意識しながら、どういう遺産分割が相続税の節税になるかを考慮できるのも、リーガル東京の強みです。

もちろん、弁護士費用や税理士手数料についても、ご依頼前に費用見積をご提示しますので、どの位の費用・手数料がかかるのか明確となり、安心できます。 

ところで弁護士法では、法律相談により報酬を請求できるのは、弁護士だけと定められています。行政書士、司法書士並びに税理士は、相続人同士の話し合いで決まったことを、遺産分割協議書という書面にすることしか法律が認めていません。

行政書士、司法書士並びに税理士は、一部の相続人の代理人のような立場で、遺産分割の交渉などはできないのです。ましてや遺産分割の調停・審判にも弁護士以外は、代理人になれません。

争いのあるケースは、必ず相続問題に詳しい弁護士に相談されることをお勧めします。

 

遺産分割に関する事は以下のページをご覧ください。

遺産分割の方法

遺産分割協議書の作成

遺産分割の注意点

遺産分割の調停と審判



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.