相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

遺産分割と調停・審判

043.jpg こちらのページでは、遺産分割と調停・審判についてご説明いたします。

遺産分割の調停

同順位の相続人が複数いると、遺産を法定相続分とは異なる配分にすることについて、話し合いがなかなかまとまらないことがあります。

相続人同士間では遺産分割の話し合いがまとまりそうにない場合、第三者的な立場にある家庭裁判所の調停委員を間に入れて話し合いを進めることができます。

これを遺産分割調停といいます。
遺産分割調停は、相続人本人による申立もできますが、寄与分や特別受益の主張など専門知識が必要な場合が多くあります。
相続問題に手慣れた弁護士を代理人として調停申立をすることがベターです。

相続人の中に1人でも遺産分割協議に同意しない人がいる場合、家庭裁判所に「遺産分割調停申立書」を提出して、調停で解決することになります。

調停の場では、家庭裁判所の調停委員2名が、各相続人がそれぞれどのような分割方法を希望しているか意向を聴取し、各人が納得できるように解決案を提示したり助言をしたりして、話し合いがうまくまとまるように進めます。

調停で全員の合意が得られないときで、相続人の範囲や相続財産の範囲に争いがなければ、審判手続に移行できます。相続人の範囲や相続財産の範囲に争いがある場合は、遺産分割協議の前提として相続財産の範囲を確認するなどの民事訴訟を提起し、調停は一旦取り下げることになります。

遺産分割の審判

審判になると、従前の遺産分割調停において主張された内容を前提として、家庭裁判所の家事審判官が各相続人の主張や年齢、職業、生活状況など一切の事情を考慮して公平な審判を下すことになります。

なお、審判の対象となる遺産は相続人の共有状態にある遺産だけであり、金銭債務(借金)は、当初から分割債務なので審判の対象とはなりません。

家庭裁判所が下す審判には、強制力があるので合意できない場合でもこれに従わなければなりません。

なお、遺産の分割審判に納得がいかない場合、審判を告知された日から2週間以内に即時抗告をして異議を申し立てることもできます。

 

遺産分割に関する事は以下のページをご覧ください。

遺産分割の方法

遺産分割協議書の作成

遺産分割の注意点

遺産分割の調停と審判



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.