相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

単純承認

043.jpg こちらのページでは、単純承認についてご説明いたします。

単純承認とは

相続人が、被相続人の財産(権利と義務)を無条件に全て引き継ぐことを内容として相続することです。

民法で単純承認したとみなされるのは、以下の3つのケースです。

(1)相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき。
但し、分相応の葬式費用の支出や、軽微な慣習上の形見分けは「処分」に該当しないとされています。

(2)相続人が相続開始を知った時から3か月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき。
被相続人が死亡し、自分が相続人になったことを知った日から3か月以内に他の手続き(限定承認・相続放棄)をとらない場合、自動的に単純承認となります。

3か月以内に相続放棄や限定承認をすることの決断ができないときは、3か月が経過する前に家庭裁判所で期間伸長の申立をして、3か月の熟慮期間を伸ばすことができます。
もし被相続人が死亡したことを知らなかった場合には、単純承認したものとは認められません。

(3)相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき。

これらの場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になりますので注意が必要です。

また、単純承認は、全面的に被相続人の権利義務を承継するため、相続するという判断は慎重に行なう必要があります。

 

相続方法の決定に関する事は以下のページをご覧ください。

単純承認

限定承認

相続放棄



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.