相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

その他の財産と財産にならないもの

043.jpg こちらのページでは、その他の財産と財産にならないものについてご説明いたします。

祭祀財産等

系譜、仏壇、仏具、神具、墓地など

系譜、仏壇、仏具、神具、墓地などの祭祀財産は、相続財産とは別個の財産として、祖先の祭祀を主宰すべき者が承継します。

遺体や遺骨については、判例は、祭祀主宰者が承継するとしています。


葬式費用

葬式費用は、実質的な葬式主宰者が負担すべきとしています。

葬式費用は、まず香典でまかない、その不足分については、相続財産から支払われることになります。


問題になりやすい財産

ゴルフ会員権

ゴルフ会員権は、預託会員制のものが一般的です。

会員規約で、会員の死亡により資格を失うと定めている場合、相続できません。

会員規約上の地位に相続が認められているときは、相続人は入会承認を得ることを条件として、ゴルフクラブの会員となれる地位を取得します。


扶養請求権

扶養を求める権利は、相続の対象とはならないですが、既に具体的な扶養料請求権として確定しているもので、かつ、支払期限の過ぎているものは、相続できます。


財産分与請求権

離婚に伴う財産分与請求権の内、夫婦の共同財産の清算及び慰謝料的要素部分については、相続の対象となり得ます。

なお、財産分与を請求する意思が表明された後で相続が開始されることが必要です。

離婚しても、財産分与を請求する前に死亡したときは、相続の対象とはなりません。


遺産(相続財産)ではないもの

以下の財産は、遺産(相続財産)ではないので、相続放棄をしても受け取ることが出来ます。


死亡保険金の受取人として、特定の者が指定されているとき


遺族年金・遺族扶助料等の遺族給付

公的年金制度に加入している人(公務員、会社員等)が死亡したときに、残された遺族(同じ生計で暮らしていた配偶者、子、父母等)に支給されるよう、特に法律で認められたものです。


死亡退職金

遺族の誰に支給されるかが、法令や就業規則で定められているので、遺産(相続財産)ではないとされています。


生活保護受給権


身元保証債務

原則として相続されません。

但し、特段の事情(例えば、相続人自ら身元保証するつもりでいたが、便宜上被相続人を身元保証人にしたような場合)があれば、相続が認められることがあります。

 

相続調査に関する事は以下のページをご覧ください。

相続人調査

プラスの財産

マイナスの財産

その他の財産と財産でないもの

遺産の評価



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.